-
円応寺のご案内 住職ご挨拶 住職小話 歴史と寺宝 表紙へ戻る
-
円応寺
  • 2013.11.16

    初冬の陽の光の中での境内・新納骨堂の建設工事

    初冬を迎え・・・・今年も残すところ1ヶ月半となりました。 境内のさくらも色づく前に葉が散り・葉も落ちてから色が変わっている状態です。 秋が短くなりました。 台風も多く発生し、各地・海外でも大きな被害が出ました。 1年色々とありますが、身近な所を振り返りつつ「何事もない・無事」が、一番ありがたいですね。 10月15日に地鎮式を行い、納骨堂の建設が始まりました。 今は、基礎工事の真っ最中です。 なんでも、基礎が一番ですから、しっかりと基礎を固め重厚なものが出来ます。 来年3月に、完成予定です。 納骨の規模に合わせ、各4種の型を作成中です。 2F建てで、エレベーターも設置します。 全・併せて100基増設 気軽に、ご見学できます。

    境内の木々の様子と基礎工事の様子を載せています。

  • 2013.06.22

    6月の念仏講

    6月念仏講・・・・雨の中ようこそのお参り

    台風4号の影響を心配していましたが、途中で熱帯低気圧に変わり、午後は、雨も小ぶりとなりました。 月一回の念仏講にお参り頂き有り難い限りでした。 今回は、長崎から辻本上人を迎え楽し法話の会となりました。 パネルシアターやゲームも取り入れての和気あいあいの中での時間を過ごしました。 帰りは、雨を吹き飛ばすくらい明るく・笑顔にならせて頂きました。足元の悪いなか有難うございました。 聴くのも大切・視るのも大切と感じました。
    聴聞・・・・話を聞く。 聴くとは耳+徳  聴すと書いて(ゆるす)
    聴くとは、許しあえる環境・仲であるそうです。    住職
           以下     当日の様子

  • 2013.06.14

    H25年6月8日に輪番御忌記念法要を行いました。

    10年に一度の輪番記念法要

    6月8日の土曜日に、天気に恵まれて輪番(各寺の担当で回ってくる)法要・御忌とは・・・・・法然上人の命日の事、当山では、802回忌を勤めました。 当日は、組寺院の御協力を頂いて、盛会のうちに相勤めました。 200年前の絵伝を展示し、その当時の様子に歴史探訪させて頂きました。 次は、10年後・・・・素晴らしい機会に遇えた事で檀信徒の皆様も大喜びでした。 大切なお念仏の教えを伝えていく事は、言葉も大事・そして、視覚からも大事、先達の御苦労の一端が伝わってきました。      合掌
    布教師様のお話にも熱がこもり、皆、引き込まれていました。
    来年は、五重相伝会です。教師・神戸・日下部 謙旨師

  • 2012.10.29

    お十夜のご案内

    十夜法要のご案内

    毎日、朝晩の冷え込みが厳しくなってきました。 今年も残すところ2ヶ月あまり、まだまだ、する事がたくさん残っています。 その中、ふと見渡すと木々が色づき始めました。 季節の移り変わりと哀愁を感じる心持になるのもこの時期です。
    浄土宗の寺院では、念仏の功徳法要・阿弥陀様に報恩と感謝・先祖を敬慕する法要として勤まります。この一年の豊作に感謝など含まれています。 当山では、十夜法要を下記の様、勤めます。
    11月25日(日)10時半~  13時~ 2席
    御縁を頂きますと幸甚です。
    19時からは、万灯会を勤めます。 暗闇の中を、ロウソクの火を仏様に捧げてもらいます。 光の明るさと温かさと幻想的で、心まで暖かくなりそうです。 合掌

  • 2012.09.22

    フェンスと壁塗り替え

    今回の事業の中で、フェンスの設置・本堂・会館の色塗りを実施しています。以下様子です。

PAGE TOP